<

院長あいさつ

12月あいさつ(2016年)
 11月の大雪は一度溶けましたが、12月に入り一気に寒くなり路面はツルツル、本格的な冬将軍の訪れを感じる師走となりました。

 今年も色々なことがありました。当クリニックを振り返ってみると、10月に5周年を迎えることができました。石の上にも3年といいますが、それを越えたことでようやく足腰が鍛えられてきたかなと感じております。これまでの地域の皆様の温かい応援に感謝申し上げます。これからも、「医療と介護が力を合わせ、地域の方々の健康と生活に貢献する」という使命のもと、①医療と介護の連携、②24時間対応の在宅医療、③漢方医療の提供という3つの柱を継続できるよう頑張りたいと思います。

 国内を見ますと、今年も熊本をはじめ多くの自然災害に見舞われました。地震が少ないと言われていた地方での大地震、そして未曾有の被害の状況を、またもや私達はテレビの画面を通じて見ることになりました。白石区からも医療や介護チームが派遣され貢献されたという話を聞き、大変心強く思いました。日本全国、皆で助け合って災害に向き合うしかないのかも知れません。被害に遭われた地域が、一日も早く復興しますように。
 先日岩手県一関・平泉・花巻に行ってきました。訪れる直前に東北で大きな地震があり躊躇しましたが、なんとか無事に帰ってきました。東北の景色は素晴らしく、食事もとても美味しく、人も親切ですばらしい所です。しかし、最後に宮澤賢治記念館を訪れたとき、東北の自然の厳しさ、一方でそこから生まれる反骨心、志、そして素晴らしい物語に昇華させる強い精神性を感じました。東北の人は粘り強いと言われますが、こうした厳しい自然が彼らの精神性と文化を育んだのではないかと感じました。

 世界を見ますと、今年もフランスを始めヨーロッパ各地でテロに怯える年になってしまいました。中東ではISの勢力は維持され、世界にテロを輸出しています。その反動か、世界はトランプ氏をはじめ、保護主義的な指導者が次々に登場し、自国第一主義を掲げています。世界がそれぞれ自分のことしか考えなくなったらどうなるか?悲惨な歴史が繰り返されないことを祈ります。シリアの子供達の悲惨な状況を短編映画で見ました。誕生日を祝う幸せな日々が空爆で奪われていきます。逃げ回っているうちにストレスと栄養失調で髪が抜け落ち、やがて肺炎になり衰弱していきます。しかし病院にはかかれません。なぜなら病院も破壊されているからです。映画は無表情になった子供の顔で終わります。医療は平和でなければ提供できません。老いも若きも笑顔で暮らせる社会でありたいものです。世界には、今こそ、困った人に寄り添い、ともに助け合う宮澤賢治の精神が必要なのではないでしょうか。

 さて、そんな笑顔でクリスマスを迎えたい方にお知らせです。12月21日(水)午後2時から、ヨーロッパ中世古楽を奏でる女性3人組「ウィリディス」をお迎えしコンサートを行います。中世の教会にタイムスリップしてクリスマスを満喫しませんか?

 厳しい自然は北海道も一緒です。ツルツル路面で転倒し骨折する方が毎年いらっしゃいます。特に高齢者では転倒後寝たきりになる場合もありますので、十分注意して歩きましょう。皆様、良いお年をお迎え下さい。

 写真は、中尊寺敷地内の池です。紅葉の残った木々や緑が水面に反射して綺麗でした。


| http://gonaika.com/blog/index.php?e=69 |
| | 08:19 PM | comments (x) | trackback (x) |
11月あいさつ(2016年)
 11月になりました。今年は寒くなるのが早く、11月初旬だというのに既に大雪に見舞われております。札幌では20cmも積もり、この時期としては約20年ぶりのことだそうです。地球温暖化による暖冬と言われて久しいですが、昔のように寒い冬が戻ってくるのでしょうか。

 今年のプロ野球は、めでたく日本ハムがリーグ優勝、そして日本一に輝き、我々北海道人にとってはこれ以上ないうれしい結果となりました。栗山監督の采配も見事でしたが、特に大谷選手の二刀流のすごさには敵味方関わらず舌を巻いたと思います。投げては最速165kmの日本記録もさることながら、打者としてピッチャーに向かっていくガッツ、そしてチャンスで打つ勝負強さには、若干22歳ながら頼もしく、しびれるものがありました。あと何年日本ハムにいてくれるか分かりませんが、それまでは当代随一の二刀流を目に焼き付けておきたいですね。

 先日、出張先の三笠で、講演会を終えた後の懇親会の席上、三笠高校の女子高生が作った創作料理が出てきました。料理は、そばとクズ切りを合わせたクズ豆腐にクルミ味噌和えソース、そぼろ肉チーズの二品でしたが、いずれも上品な味でした。かわいい女子高生でしたが堂々たるプレゼンに感心しました。聞くところによると、三笠高校の調理師コースは何度も賞を取っている名門なんだそうです。大谷投手といい、この女子高生といい、若いのに堂々としっかりしている世代が後から続いていることを思うと、まだまだ日本にも明るい未来があるなと感じ、応援したくなりました。

 来る11月12日(土曜日)に第18回ごう内科アフタヌーンコンサートがあります。今回は、日本を代表するアイリッシュフルート奏者のHataoさんとハーピストのNamiさんをお迎えし、北欧音楽を中心に演奏していただきます。寒さに凍える季節ですが、素敵な音楽を聴きながら心あったまりに来ませんか?

 冬の訪れと共に、今年は風邪やインフルエンザも一緒にやってきました。日に日に風邪の患者さんが増えて、インフルエンザの発生も見られます。暖かい服装、温かい食べ物で保温、加湿器やマスク着用で保湿を心がけ、できれば11月中にインフルエンザワクチンを接種して、寒い季節を元気でお過ごし下さい。

 写真は真駒内公園の紅葉です。今年の紅葉は見事でしたね。


| http://gonaika.com/blog/index.php?e=68 |
| | 11:26 PM | comments (x) | trackback (x) |
10月あいさつ(2016年)
 10月になりました。日も徐々に短くなり、昼夜の寒暖の差も大きくなり、日によってはストーブが恋しくなる季節になりましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 10月1日にごう内科は開業5周年の節目を迎えました。思い返せば開業した年は2011年ですから、かの東北大震災があった年です。未曾有の大災害ということで建材が高騰するのではないかという噂が広がり、予定通り開業できるかどうか心配しましたが、なんとか無事に開業することができました。開業したその年から、みつば町内会の新年会にご招待をいただき、町内会の一員としてあたたかく迎えてくださいました。大変感謝しております。以来新年会には毎年参加させていただき、最近では余興に楽器の演奏もさせていただくようになり、新年の景気づけにも多少貢献できているのかなとちょっとだけ自負しております。また今年は、デイサービス職員も夏祭りに参加させていただきました。これからも10年、20年とみつば町内会をはじめ、地域の方々と手を携えながら、医療と介護を通じて健康と生活のお手伝いをさせていただければ幸いです。

 最近、ドライブする機会が増え、北海道の様々な場所を訪れています。私達の住む道央圏ももちろん美しいのですが、道東、道北の美しさもまた格別です。北海道の美しさを再発見する日々です。最近では、写真ばかりでなく、動画撮影をして、それを編集してSNSに投稿することも趣味の一つになりました。それを通して世界中の人と交流できるのも楽しみの一つです。これからもそうした写真を掲示板で皆さんに紹介致しますのでご期待ください。

 11月のごう内科アフタヌーンコンサートのお知らせです。今回はアイリッシュをはじめとした北欧音楽のコンサートです。世界で活躍するアイリッシュフルート奏者のHataoさん、そしてハーピストのNamiさんの素晴らしい演奏をぜひこの機会にお楽しみ下さい。

 気温も下がり、風邪の患者さんが増えてきております。これからの季節は「暖」がキーワードになりますので、暖かい服装をして、暖かい食べ物をとるように心がけ、「風邪」「寒邪」に負けないように過ごしましょう。

 写真は初山別の金比羅神社の鳥居です。北海道にこんなに美しい鳥居があるとは、今回初めて知りました。

| http://gonaika.com/blog/index.php?e=67 |
| | 06:36 PM | comments (x) | trackback (x) |
9月あいさつ(2016年)
 9月になりました。8月は暑い日が続き、夏バテになりかけている方を多く見かけましたが、ようやく暑さのピークも過ぎて、夜は過ごしやすくなってきましたね。一方で、今年は北海道に多くの台風が上陸し、50年に1度の大災害と言われ、道央や道東に深い爪痕を残しております。私の知人の先生も被害に遭われ、未だ診療を再開できていないと聞いております。自然災害はもはや身近に迫ってきており、他人事ではないことを実感するこの頃です。被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げますとともに、1日も早い復興を願っております。

 先日東京で音楽とスポーツの融合イベントの「音で広げる卓球」に参加してきました。音楽からは札響の主席演奏者でバイオリニストの大平まゆみさん、ピアニストの佐藤勝重さん、スポーツからは北京五輪卓球女子監督の近藤欽司さん、全日本女子ダブルスチャンピオンペアの天野優選手・中島美早希選手が出演されました。私は、ソプラノ歌手の私の娘が参加させていただくご縁と、私が卓球プレーヤーであることを主催者が知って、私にも声をかけていただき、イベントのお手伝いをさせていただきました。イベントのクライマックスは、大平さんの演奏に合わせて天野・中島選手がテンポの良いラリーを展開し、曲の終わりに合わせスマッシュを決めるという、音楽とスポーツが見事に融合したすばらしいイベントでした。こうして一見華やかに行われた会ですが、実はこのイベントは東北大震災のチャリティーイベントとして行われたものでした。つまり出演者は全てボランティアで、会場の方々から募金を集め、被災者、特に子供の未来のために役立てる趣旨であることを聞いて、大変感銘を受けました。そしてそこには東北大震災だけではなく、阪神淡路大震災の被災者を支援している代表の方も招かれておりました。私は、恥ずかしながら、阪神淡路大震災は復興したものと思っておりましたが、実はまだ仮設住宅に住む方がおられ、震災はまだ終わっていないんだということを知りました。卓球の近藤欽司監督は、忙しい傍ら、被災地の小学校に赴き、子供達に卓球教室を展開しており、福原愛ちゃんや水谷選手の話を聞かせ、子供達に希望を与える活動をされていると聞きました。災害はいつ自分の元を訪れるかわかりません。災害は多くの希望を奪います。しかしこうした地道な活動が、きっと新たな希望を生み、新しい未来を作っていくのではないかと感じました。

 去る8/31にごう内科アフタヌーンコンサートでブラジル音楽バンドを招きました。リオデジャネイロの風を感じる素敵なコンサートでした。そして今週からはいよいよパラリンピックが始まります。当クリニックの患者さんの関係者も参加されます。新たな希望に向かって頑張る全ての選手を応援したいと思います。日中の寒暖差が大きくなり、風邪の患者さんが増えてきました。夜は暖かくし、体を冷やさないよう、喉を痛めないよう気をつけてお過ごし下さい。

 写真は、美々川河口から見たウトナイ湖です。空と湖面が鏡面体となり、幻想的な風景が見られます。北海道のウユニ塩湖だと私は思っています。


| http://gonaika.com/blog/index.php?e=66 |
| | 08:54 PM | comments (x) | trackback (x) |
8月あいさつ(2016年)
 8月になりました。7月は天気がすぐれず気温も上がらず今年は夏が来ないのでは、と思った北海道ですが、遅ればせながら暑い夏がやってきました。

 暑い夏とともにリオデジャネイロオリンピックでは熱い戦いが繰り広げられています。ここまでの日本は過去のオリンピックと比べても絶好調でメダルラッシュに湧いています。特に感慨深いのは、体操ニッポンの復活です。私が子供の頃の1970年代、体操といえば日本は具志堅、森末が活躍し、中国やロシアと肩を並べる強豪国で、体操と言えば日本のお家芸、子供心に誇らしげに感じたものでした。ところが、その後長い間低迷が続き、体操への期待は薄れるばかりでした。しかし、体操ニッポンは一人の天才の出現により復活ののろしを上げます。2004年アテネオリンピック、男子団体で日本のエース冨田洋之が、鉄棒で「栄光への架け橋」で有名となった新月面宙返りを決め、28年ぶりの金メダルを日本にもたらしました。冨田は長らく日本の絶対的エースとしてチームを引っ張り、2008年の北京オリンピックを最後に引退、体操ニッポンも再び凋落か、と思われたその時、史上最高と言われる選手が後に続いていました。内村航平はロンドンに続き今回のリオでも個人総合で連覇、また団体でも主将としてチームを金メダルに導きました。試合後、意地悪な記者から「審判からひいきされていたのでは?」という質問がありました。これに憮然として答えたのは、内村本人ではなく、2位になったウクライナのオレグ・ベルニャエフでした。「史上最高の選手である航平さんに、そんな無駄な質問はしないでください」。この金メダルが、いかに価値の高いものだったかを象徴するようなシーンでした。そしてそんなオレグ選手にも素晴らしい未来が待っていることでしょう。

 暑さ寒さも彼岸まで、と言われるとおり、まだまだ暑い日が続きます。熱中症に対しては、水分と塩分補給、十分な休養、室内を涼しくするなどの対策を取り、元気で4年に1度のオリンピック、パラリンピックを楽しみましょう。

 写真は、道東根室近くの風蓮湖の夕景です。道東特有の湿原が織りなす風景は、圧倒的な美しさでした。


| http://gonaika.com/blog/index.php?e=65 |
| | 03:20 PM | comments (x) | trackback (x) |
7月あいさつ(2016年)
 6月は当初の予想に反して雨と寒さが続きました。本来であれば6月は最も日照時間が長い月の筈ですが、私の自宅の太陽光パネルの発電量は例年のこの時期の半分にも達しておりませんでした。果たして7月は暑い夏が来るのでしょうか?

 今月は2人の偉大なスポーツ選手について触れたいと思います。一人目は6月3日に天国に旅立ったモハメド・アリ、言わずと知れたボクシング元ヘビー級チャンピオンのザ・グレーテストです。彼が活躍したのは私が子供の頃で、当時の記憶はあまりないのですが、ジョージ・フォアマンとの死闘を演じた「キンシャサの奇跡」の衝撃は当時脳裏に刻まれました。それまでは大男が足を止めて殴り合うのがヘビー級の常道でしたが、彼は早いフットワークとパンチで、まさに「蝶のように舞い、蜂のように刺す」という全く新しいスタイルを実践したのです。当時フォアマンは全盛期で、ベトナム戦争の兵役を拒否したモハメド・アリは約4年に及ぶ裁判で絶頂期を失った後の対戦で、誰もが戦前の不利を予想していましたが、フォアマンのハードパンチをしのぎきり、8Rに奇跡のKO勝利を飾ったのです。「ほら吹きクレイ」と言われるほど饒舌でしたが、人種差別反対、反戦の使徒であり、また詩人でもありました。ある試合の後、記者の「世界で一番短い詩を!」とのリクエストに彼はこう応えました。「Me、We(私、私達)」。私は、この詩が大好きで、ずっと座右の銘のようにしています。医療と介護、そして利用者さん、患者さん達との関係も「Me、We」でありたいと思うのです。偉大なチャンピオン、そして偉人の功績を称え、ご冥福を祈りたいと思います。

 そして2人目は、日本が誇る天才バッター、イチローです。6月についに日米通算4,257安打を達成し、ピーと・ローズの持つ記録を塗り替えました。しかし米国での評価は真っ二つで、特にピート・ローズからは否定的なコメントが寄せられイチローもがっかりしたようでしたが、最終的にはピート・ローズは大リーグ記録、イチローは世界記録という認識に落ち着いた様です。そしてイチローは、現在42歳にして、往年の全盛期のような復活を見せ、大リーグ通算3,000本安打にせまりつつあります。まさに天才、超人、仙人のような境地に達しているのではないでしょうか?今後の活躍から目が離せません。

 7月20日(水曜日)午後2時半から、クリニックロビーにてアフタヌーンコンサートを行います。今回は、NHK朝ドラの「マッサン」のメインタイトルを担当した野口さん、「花子とアン」の挿入歌を担当した小松崎さんの「野口★健withトシバウロン」をお招きして、アイリッシュ音楽を中心にお送りします。滅多にない機会ですので、ぜひお越し下さい!

写真は近年にわかに有名になった道東清里町の「神の子池」です。摩周湖の伏流水が源流とも言われていますが、池の一部だけがエメラルドブルーになっており、摩訶不思議、とても美しく神秘的な池でした。


| http://gonaika.com/blog/index.php?e=64 |
| | 01:07 AM | comments (x) | trackback (x) |
6月あいさつ(2016年)
 暑い5月から一転、6月は涼しく、遅咲き桜もすっかり散ってライラックと藤の花の紫が街を包んでおりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 先日、かねてから行ってみたかった襟裳岬の先にあるハートの形をした湖「豊似湖」に行ってきました。ここは石屋製菓の「白い恋人」のCMで有名になった湖です。今回は襟裳岬経由で行きましたが、思ったより遠く時間がかかってしまいました。豊似湖は舗装道路が終わってから細い砂利の山道を約8kmも入った山深いところにあり、着いたのは午後5時頃で、残念ながら湖は山の日陰になっていました。駐車場から湖までは200メートル歩かなくてはならず、いかにもヒグマがでそうな雰囲気だったので、湖まで行くことはあきらめました。豊似湖は最近有名になって、中国からの客がヘリコプターに乗って上空から観るツアーが人気だそうです。外国人だけが楽しむのは勿体ないので、皆さんも道東へいらっしゃる際は足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。但し、運転にもヒグマにも十分お気をつけください。

 5月末に伊勢志摩サミットが開かれ、その後、アメリカのオバマ大統領が被爆地広島を訪れました。唯一核兵器を使った国の最高責任者が、唯一の被爆国のその地を訪れたことは、両国にとって賛否両論がありましたが、「同じ過ちをくりかえさない」という想いを共有する機会だったと考えると、意味のあることだったと思います。一方で、オバマ大統領が「核のボタン」が入ったバッグを広島に持ち込んでいたことが批判されましたが、その核の傘で日本は守られているというどうしようもない現実も思い知らされました。

 今年は日本近海の海水温が異常に高く、これは各地で最高気温をマークした2010年と似ている分布だそうです。気象庁によると、今年は「異常に暑い夏」になる予想だそうで、そう考えるとこれまでの夏が今年は6月に来てしまうかもしれません。汗をかいたら脱水にならないようにこまめに水分補給をするなど、早くから熱中症に注意を払う必要があるかもしれませんね。北海道の気持ちのよい初夏をお元気にお過ごし下さい。


| http://gonaika.com/blog/index.php?e=63 |
| | 07:32 PM | comments (x) | trackback (x) |
5月あいさつ(2016年)
 5月になりました。今年の大型連休は最長で10連休だったようですが、皆さんはゆっくりとお過ごしになれたでしょうか?私は近場でカヌーやサイクリング、ドライブなどをして、北海道の美しい春の景色を観てきました。

 先月から現在まで、熊本で大きな地震が続き、テレビでは信じられないような被害の模様が連日報道されています。多くの方々が家を失い避難を余儀なくされ、また尊い人命も失われ、困難な日々が続いていると思います。謹んでお見舞いを申し上げ、1日でも早く安心して過ごせる日常が戻りますようお祈り致します。かの東北大震災から5年、当クリニックが開業したのはまさにその年でしたが、当時は国民全員の防災意識が上がり、私もエネルギーの重要性を認識し、太陽光パネルを設置し、バックアップ電源としての電気自動車を用意しました。自宅には井戸を掘ることも真剣に考えましたが、費用がかさむことがわかり断念しました。今回の地震でもやはり、電気、ガス、水道などのライフラインのダメージが大きく、市民の方々の生活は大変だったと思います。改めて、いざというときの備えの重要性を再認識しました。現地では、多くの医療機関や介護施設も被害を受け、ご病気の方や介護が必要な方々、そしてそのご家族の方々のご苦労は察するに余りあります。今回は、地震が少なく比較的安全と言われた熊本で地震が起きました。しかしそんな土地でもたくさんの活断層があったそうです。全国の活断層マップを眼にしましたが、石狩地方にもいくつかの活断層があるようです。最近では地震の予知はほぼ不可能、というのが結論のようですので、自分の住むところで大災害が起きた時に何ができるか、そして同じ国民が困った時に何ができるか、をこれまでの災害を教訓に考えたいと思います。

 4月は季節外れのB型インフルエンザ流行が猛威をふるいました。5月の連休後は、シラカバアレルギーなどの鼻炎や喘息、そして新しい環境の疲れからくる5月病の季節です。心身ともに無理をせず、ゆったりと過ごしましょう。

 写真は、由仁町の古山貯水池付近に群生していた福寿草です。春の陽を浴びて黄金色に輝いていました。

| http://gonaika.com/blog/index.php?e=62 |
| | 11:50 PM | comments (x) | trackback (x) |
4月あいさつ(2016年)
 4月になり新年度が始まりました。街から急速に雪の姿が消え、家々の花壇には、クロッカスなどの春の花が顔を覗かせ始めました。いよいよ待ちに待った春の到来です。

 先日用事で京都に行ってきました。3月は中旬あたりに暖気が続き、桜の開花が例年より2週間早いという予想があったため、京都の満開の桜を期待して行きましたが、残念ながらその後気温が下がり、1〜2分咲きでした。しかしそれでも一足早い桜と梅、そして木蓮などを楽しむことができました。時間がなく、ゆっくりお寺まわりはできませんでしたが、それでもたくさん写真をとってきましたので、掲示板で紹介したいと思います。その中で今回印象に残ったことが2つあります。
 
 1つは伏見稲荷神社です。ここは最近外国人が選ぶ京都で最も人気のある名所になっているそうです。朱色の鳥居が無数に立ち並ぶその回廊はなんともエキゾチックで、歩いていると異空間に吸い込まれそうな感覚にとらわれます。聞くところによると、平安時代から各時代の名士から神社に志納され続け、ついには神社の敷地にある山の山頂まで延々と続く長さになってしまったそうです。実は、札幌にも伏見神社という鳥居が並び立つ神社がありますが、なんとこの京都の伏見稲荷神社と関係があるそうです。私は高校時代ハンドボールをやっておりましたが、トレーニングで時々伏見神社の鳥居のアーチを駆け上ったものです。札幌と京都、不思議な縁があるものですね。

 2つめは、竹林の美しさです。今回は嵐山に行くことは出来ませんでしたが、青蓮院という最澄が建立したお寺の境内に立派な竹林があり、その美しさに息を飲みました。その勢いで、おみくじ発祥の寺とも言われるこの青蓮院でおみくじを引いたのですが、なんとそれが凶だったのです。このショックは計り知れず、しばらく境内の椅子に呆然と横たわっておりましたが、気を取り直して隣の八坂神社で再びおみくじを引いたところなんとか末吉が出て、心慰められました。しかしその後も心に引っかかるものがあり、家族に話したところ、娘に「今が凶ならこの先悪くないんじゃない?」と言われ、確かにそうだと合点がいきました。しかしその言葉は、前日に凶を引いた娘に私が言った言葉なのです。慰めというものは、自分でするのは難しく、やはり人からされる方が効くようです。

 風邪は大分へりつつありますが、B型インフルエンザがまだちらほら散見されます。発熱されている方は検査をお勧めします。また3月中旬から既にハンノキの花粉の飛散が確認されております。4月末になるとシラカバ花粉が本格化しますので、花粉症をお持ちの方は早めの治療をお勧めします。爽やかな北海道の春を楽しみましょう。


| http://gonaika.com/blog/index.php?e=61 |
| | 01:36 AM | comments (x) | trackback (x) |
3月あいさつ(2016年)
 3月になりました。今年は雪が少なく、このまま春が来るかと思いきや、連日の大雪で冬に逆戻り・・・かと思いきや雨と気温上昇で雪解けが進む、というめまぐるしい展開になっております。しかし、そろそろ雪かきから開放されそうなのは確かなようです。

 先日マレーシアで世界卓球がありました。日本は男女ともに決勝に進出、男子にとっては39年ぶり、そして男女ともに決勝に進んだのは41年ぶりだったそうです。39年前と言えば私がまだ小学校低学年の頃。当時の記憶では、確かに日本の卓球は世界トップレベルで、シングルスでも小野誠治氏が世界チャンピオンとして君臨していた時代で、子供心に誇らしく思ったものです。実際私もその頃卓球を始めています。当時の日本は卓球王国で、当時の繁栄が卓球人口の広がりを作ったのだと思われます。「温泉卓球」と言われるほど、日本人にとっては娯楽であり身近なスポーツになったのです。しかしその後、日本は世界の潮流から取り残され、長い低迷期に入ります。私も中学、そして大学と卓球部でしたが、ずっと「根暗なスポーツ」というイメージがあったと思います。ところが、今から15年前、ついにスターが現れたのです。それが「愛ちゃん」こと福原愛です。彼女は愛くるしいだけでなく、実力を兼ね備えていました。本場中国リーグの武者修行を経て、本大会では世界ランク4位で日本のキャプテンとして戦ったのです。日本卓球連盟も2000年あたりから卓球アカデミーを創設し、小学校から卓球エリートを育ててきました。その1期生が今回世界ランク6位で男子チームのキャプテンを務めた水谷隼です。今回出場した選手のほとんどはこうした日本卓球界挙げての強化プランの成果と言えるでしょう。テレビに映される、恐らく連盟の重鎮と思われる年配の方達が顔をくしゃくしゃにして選手に抱きつく様子を見て、彼らの長期に及ぶ苦労と実を結んだ喜びがひしひしと伝わり、感慨深いものがありました。日本を見事復活に導いた福原愛、水谷隼両選手と、彼らを支えた日本卓球連盟の方達を称えたいと思います。そして、私も下手くそながら中年卓球プレーヤーとして、その末席で応援し続けたいと思います。

 東京ではもう桜が咲いて、関東から桜前線が始まるようです。いまだインフルエンザの流行は続いており、多くの患者さんがいらっしゃっております。これからは花粉症などのアレルギー疾患も増えることと、気節の変わり目で体調が不安定になる時期です。睡眠と栄養をしっかりとり、体調を整えながら健やかに春を迎えましょう。

 写真は、支笏湖付近の七条大滝です。歩くスキーで2km程度でたどりつく隠れた名所です。


| http://gonaika.com/blog/index.php?e=60 |
| | 11:24 PM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑
■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2017年10月 次月>>
■ARCHIVES■

HOME | お知らせ | 院長紹介 | 診療案内 | 外来予約 | 漢方の話 | デイサービス | 居宅介護支援事業所 | 求人情報 | アクセス