<

院長あいさつ

 

11月あいさつ(2017年)
10月の台風がもたらした雪の後、美しい木々の紅葉はすっかり葉が落ちて、いよいよ冬の装いとなってきました。当クリニックでも、栄通りの銀杏並木からの落ち葉拾いに精を出す日々が続いております。

 日々患者さんとお話しをさせていただいていると、色々な趣味を持つ方がいらっしゃいます。中でも北海道のスポーツチームを応援する方達は本当に熱いなあと感じることが多々あります。例えば、先日のプロ野球ドラフト会議では、日ハムが最大の目玉である清宮選手を引き当て、何人もの方達が興奮の面持ちでその喜びを話され、もう来年の優勝が決まったかのような勢いです。また今期J1リーグに昇格したコンサドーレは、誰もが来期のJ2への出戻りを覚悟しておりましたが、予想に反し大健闘し、ほぼ残留が決定しそうな位置につけています。「すぐに降格するよ〜」と嘆いていた患者さんは、最近とてもお元気で、コンサドーレの躍進の方が、よっぽど薬より効くのではないかと思うほどです。またバスケットのレバンガを、会場の設置からお手伝いをしているファンの方も、今年のレバンガの活躍に喜びが滲み出ているのがわかります。

 「日本に足りないのは希望です」と言った政治家がおりましたが、こと北海道に関しては、すばらしい若者、選手達が多くの道民に元気と希望を与えてくれています。「病は気から」という言葉がありますが、これは「気の持ち様」という解釈が一般的です。しかし漢方的に捉えると、実はもっと深い意味があるのではないかと考えています。漢方では「気」を「エネルギー」と捉え、人間が生きていく上で最も重要なものと考えています。「気」の異常には3つあって、「気うつ」「気虚」「気逆」とあり、嬉しいことや将来の希望を感じると、気の流れが良くなり、「気うつ」が改善します。その結果、まさに元気になるのです。そう考えると、スポーツ観戦に限らず、楽しみな趣味を持つことは、「気」を充実させ、健康につながっていくと思いますので、皆さんも「気」の流れを良くするような、元気を感じるものを探しながら過ごされてみてはいかがでしょうか?

 報道にありますように、今年はインフルエンザワクチンの製造が約2ヶ月遅れ、供給量が必要量を下回り、全国的に不足しています。この状態ですと、11月中には一旦流通がなくなり、当クリニックでも一時的に在庫がなくなる恐れがあります。しかし12月には十分に供給される予定となっておりますので、お急ぎでない方は12月に接種されることをお勧め致します。

 写真は、弘前城公園の紅葉です。桜が有名ですが、紅葉もなかなかのものでした。


| http://gonaika.com/blog/index.php?e=80 |
| | 12:19 AM | comments (x) | trackback (x) |

 
PAGE TOP ↑
■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017年11月 次月>>
■ARCHIVES■

HOME | お知らせ | 院長紹介 | 診療案内 | 外来予約 | 漢方の話 | デイサービス | 居宅介護支援事業所 | 求人情報 | アクセス