<

院長あいさつ

 

7月あいさつ(2021年)
7月になりました。しばらく晴れの日が続き爽やかな北海道の初夏を味わうことができました。しかしその後、本州の梅雨入りとともに北海道も蝦夷梅雨を迎えたようです。これから本格的な夏を迎え、そしてオリンピックがやってきます。

 開催地の東京は連日感染者数が前週を上回り、ついに1日に1000人に迫る勢いです。オリンピックを約2週間後に控え、政府と東京都はついに4度目の緊急事態宣言を発出しました。そして会場は無観客になる公算が高そうです。既に日本入りしている各国の選手団から早くも感染者が出ています。これから本格的に何万人という選手団が入国してきます。オリンピックで私達が見るものは、歓喜なのでしょうか、それとも混迷なのでしょうか。オリンピック憲章とは何なのでしょうか?私達はこの1年、経済と命のバランスの間で右往左往し、コロナに翻弄されてきました。オリンピックもまたその縮図なのでしょうか。オリンピックが原因で誰かが苦しむことのないよう祈りたいと思います。

 そんな中、一人の若き侍がアメリカから連日素晴らしいニュースを送り続けています。北海道から飛び立った二刀流は、本場メジャーリーグでもその実力を爆発させています。目下のところ、ホームランで両リーグ単独トップ、先日は安打が7連続本塁打、投げても4勝を上げ、盗塁でもその俊足を活かして活躍が止まりません。大谷選手と比較できる選手は70年前の野球の神様と言われたベーブ・ルースただ一人だけで、しかもそのルースの記録すら抜こうという勢いです。「巨人の星」の大リーグボールを見て育った私には、大谷選手の活躍はもはや現実のものとは思えません。彼の活躍は、今やコロナ禍とオリンピックで彷徨う私達の一服の清涼剤のようです。

 管首相のかけ声の下、予想を上回る勢いでワクチン接種が進みました。大変望ましいことですが、今度はワクチンの在庫が枯渇してしまい、当クリニックもそうですが大規模接種会場でも新規予約が一旦停止になってしまいました。また新しい情報が入りましたらお知らせ致しますのでしばらくお待ちください。

 写真は積丹半島の美国の写真です。夏を迎え、積丹ブルーの美しさも際立ってきました。


| http://gonaika.com/blog/index.php?e=124 |
| | 07:20 PM | comments (x) | trackback (x) |

 
PAGE TOP ↑
■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2021年09月 次月>>
■ARCHIVES■

HOME | お知らせ | 院長紹介 | 診療案内 | 外来予約 | オンライン診療 | 漢方の話 | デイサービス | 居宅介護支援事業所 | 求人情報 | アクセス