<

院長あいさつ

 

12月あいさつ(2018年)
毎年のことですが、気がつけばはや師走です。今年は雪が少なく、割と暖かい日が続いており、例年に比べると風邪の患者さんも少ないようです。日没も午後4時と一年で最も日が短い時期ですが、冬至を過ぎると春に近づきますので元気に過ごしましょう。

 先日、札幌ドームがかつてなく盛り上がりました。コンサドーレ札幌がJ1リーグ2位とアジアカップ出場をかけて広島との試合に臨みました。コンサドーレと言えば、これまでJ1〜J2を行ったり来たりしていましたが、今年は残留争いではなく、なんと上位争いにまで食い込んだのです。かつてない大きな期待と盛り上がりを見せ、私もドームに行こうかと思いましたが、これまで残留や昇進をかけた試合を見に行ってはがっかりした過去があるので、今回は験を担いで会場にはいかず、テレビ観戦することにしました。すると開始早々タイのチャナテップが先制点を奪い、その後も2点目を追加。やはり観に行かなくて正解、アジアカップ出場間違いなしと浮き足立ちましたが、なんと後半に2点を失い引き分けでアジアカップ出場を逃しました。しかし、J1リーグ4位は過去最高の成績で、来年にかけて、優勝争いやアジアカップを始め、各種のタイトル争いに期待を感じるものでした。北海道は、野球の日本ハムだけでなく、サッカーまで上位争いに食い込むようになり、地震で厳しい年となった私達に勇気と希望を与えてくれました。来年からもますます楽しみが膨らみます。

 チャナテップを始め、アジア各地から続々と日本に助人が来ることになりそうです。外国人技能実習制度が本格的に始まり、タイやベトナムから人材不足となった日本に実習生として5年間労働力を提供するというものです。色々な難しい問題を含んでおりますが、介護分野では現在も人手不足が深刻さを極めており、2025年には約40万人の介護職不足となるとされており、外国人実習生がこれを補完することが期待されています。しかし、初年度の今回はわずか全国で250名程度の希望者しかおらず、将来の懸念は払拭されておりません。チャナテップの活躍に驚喜したように、これからは外国の方達とともに日本を盛り上げていく時代になっていくのかもしれません。

 平成最後の年が終わろうとしています。来年はどのような年号になるのでしょうか?世界情勢をみても刻一刻と時代が動いているのを感じます。平成の次は激動の時代にならないよう切に願い、平穏で安心できる時代を作っていきたいものです。皆様の健康と幸せを願って。

 写真は千歳川を悠然と泳ぐ白鳥の親子です。

| http://gonaika.com/blog/index.php?e=93 |
| | 01:04 PM | comments (x) | trackback (x) |

 
PAGE TOP ↑
■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2018年12月 次月>>
■ARCHIVES■

HOME | お知らせ | 院長紹介 | 診療案内 | 外来予約 | 漢方の話 | デイサービス | 居宅介護支援事業所 | 求人情報 | アクセス