<

院長あいさつ

1月あいさつ(2019年)
 新年あけましておめでとうございます。いよいよ平成最後の年の幕が開けました。新しい元号が何になるのか、そして今年はどんな年になるのか、気になるところですが、身近な範囲でできることをやっていきたいと思います。

 今年は、昨年の年末外来当番から始まり、正月も往診がいくつかあり仕事続きでしたが、そんな合間を縫ってなんとか予定されていたニセコのホテルでのロビーコンサートでハンマーダルシマーを演奏することができました。今年のニセコも外国の方が多く、司会のあいさつも日本語が通じていないことに気がつき、途中からつたない英語を交えて話しました。ニセコは年々外国人が増え、客ばかりでなくホテルや店の店員までもが外国人になっており、ほぼ海外と言って良いでしょう。そんな中で演奏するのはとてもエキサイティングな経験でした。そして今回はサプライズがありました。演奏終了後、ある女性客がすごい勢いで近づいて来たのです。一瞬ファンができたのかなとうぬぼれていたら、なんと私の名前を呼んでいるではないですか。彼女は私の高校の時の同級生で、東京から家族と共にそのホテルに泊まりに来ていたのでした。リラックスしてロビーコンサートを聴いていると、見覚えのある男が変な楽器を弾いていると思ったそうです。それが私だったと知って、とても驚いていました。はるばる東京からニセコに泊まりに来て、同級生の演奏を聴くことになるとは夢にも思わなかったことでしょう。これが、私にとって今年最初のサプライズと喜びになりました。小さなことですが、こんなことが積み重なって幸せな年になると良いですね。

 今年はそのハンマーダルシマーの当たり年になりそうです。1月3日のNHK「家康、江戸を作る」では私の友人のMimiさんがこの楽器で音楽を担当しました。1月23日(水)には、朝ドラ担当後、いまや売れっ子になって全国を飛び回っている師匠の小松崎健さんが、ごう内科アフタヌーンコンサートで演奏してくださいます。そして、更にサプライズは、7月頃に、映画「メアリと魔女の花」のBGMを担当したジョシュア・メッシックさんがアメリカから来札し、ひょっとしたらごう内科で演奏してくれるかもしれません。音楽は音を楽しむと書きますが、音楽を通じて皆さんと楽しみと喜びを分かち合えたら良いですね。

 年末からインフルエンザが猛威を振るっています。年末当番の日は、押し寄せる多くの患者さんに驚きました。うがい、手洗いはもちろんですが、悪寒や頭痛、関節痛などの初期症状が出た場合は、1回内服で済む新薬も用意しておりますので、速やかに受診されることをお勧めします。皆様にとって健やかで素晴らしい年になりますように。

 写真は、2016年G7サミットのあった伊勢志摩の風景です。点在する島々とリアス式海岸の美しさが印象的でした。


| http://gonaika.com/blog/index.php?e=94 |
| | 01:04 AM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑
■CALENDAR■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2019年01月 次月>>
■ARCHIVES■

HOME | お知らせ | 院長紹介 | 診療案内 | 外来予約 | 漢方の話 | デイサービス | 居宅介護支援事業所 | 求人情報 | アクセス