<

院長あいさつ

7月あいさつ(2018年)
 7月だというのに、連日雨が続き、すっかり蝦夷梅雨になってしまいました。蒸し暑い日が続いたと思ったら、その後は10℃前半まで下がり、ストーブを点けた方も多いのではないでしょうか。九州から関西にかけては、史上最悪レベルの豪雨に見舞われ、多くの方々が避難を余儀なくされています。1日も早い復旧、復興を願っております。

 そんな日本にロシアからエールを届けてくれたのはサッカー日本代表チームでした。大会前には私を含め誰もが予選リーグでの敗退を予想していましたが、始まってみると第1戦では強豪のコロンビアを撃破、第2戦では先行されたセネガルに2度も追いつき引き分け、第3戦のポーランド戦は凡戦でしたが、ある意味歴史に残る駆け引きの結果、見事アジア勢で唯一決勝トーナメントに進出しました。準決勝では優勝候補のベルギーに対しまさかの2点先行、多くの日本国民、いや西野監督ですら夢見心地だったに違いありません。ところが「赤い悪魔」と言われるベルギーが、最後は私達を天国の階段から引きずり下ろしてしまったのです。この敗戦は、外国メディアや私の外国の友人からも「とても悲しく、ハートブレイクな幕切れ」と表現されましたが、試合終了直後はまさしくその通り失意のどん底でした。しかし、考えてもみれば予選リーグ3戦全敗でもおかしくないと言われた日本チームが、今大会屈指の感動的な試合を何度も演じ、最後は夢までみさせてくれたとことに、感謝と賞賛の気持ちを禁じ得ません。長く日本を支えた大黒柱、本田圭祐と史上最高のキャプテン長谷部誠は、今大会を最後に日本代表を引退するそうです。釜本邦茂、三浦知良、中田英寿そして本田圭佑。日本サッカー界も野球のように、各世代に役者が揃ってきました。今後は野球のWBCのように、紡いできた歴史の積み重ねが、いつかは優勝の扉を開ける時が来る、そんな予感を感じさせてくれた大会でした。

 ここ数年は異常気象が当たり前のようになってきて、災害も大規模になってきました。札幌でも蒸し暑かったり寒かったり、1週間以上も雨が続いたりで風邪など体調を崩す方が多く見られます。雨の日でも室内で楽しめるような趣味を見つけて、間もなく訪れる爽やかな北海道の夏を待ちましょう。

 写真は浜益の海岸です。徐々に夏らしくなってきました。


| http://gonaika.com/blog/index.php?e=88 |
| | 01:41 AM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑
■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2018年07月 次月>>
■ARCHIVES■

HOME | お知らせ | 院長紹介 | 診療案内 | 外来予約 | 漢方の話 | デイサービス | 居宅介護支援事業所 | 求人情報 | アクセス